家づくりの賢い方法

トップページ
家づくり初心者が知っておく事
家づくり土地選びの注意点
家づくりの依頼先を選ぶ方法
家づくりで選ぶ施工先の違い
家づくりプランニングの基礎知識
家づくりで一般的な部屋の広さ
家づくりプランのアイディア1
家づくりプランのアイディア2
家づくりプランのアイディア3
家づくりでランニングコスト節約
家づくりメンテナンス費用節約
家づくりの内装選び(床材)
家づくりの内装選び(壁材)
家づくり内装色選びのコツ
家づくり内装材を安くする方法
家づくりのキッチンを選ぶ方法1
家づくりのキッチンを選ぶ方法2
家づくりの水回りを決める方法
家づくりのキッチンアイディア
家づくりの設備機器を選ぶ方法1
家づくりの設備機器を選ぶ方法2
家づくり設備機器のアイディア1
家づくり設備機器のアイディア2
家づくりの窓を選ぶ方法
家づくりの窓の特徴を知る
家づくりの窓選びアイディア1

家づくりの賢い方法>家づくりで選ぶ施工先の違い

3つの依頼先がありますが、
どう違ってくるのか、メリット・デメリットが問題になります。

・建築家の場合
オリジナリティーな自分好みな家づくりができます。
自由にプランを考えてくれるので予算や敷地条件があっても
対応してもらえます。
TV番組などのおかげで気軽に相談できるようになりました。
工事監理も建築家に依頼できるので手抜き工事も防げそうです。
ただしゼロからプランを作るので時間がかかります。
施工主にもビジョンがないと難しいです。
設計期間は6ヶ月〜1年と長め。
さらに打ち合わせが何度も必要になります。

・ハウスメーカーの場合
安心があり設計から施工まですべておまかせできます。
メーカによっては土地探し、マネー計画、
ローンの手配から引越しまですべてサポートしてもらえます。
プランニングの時間や工期が短いのも特徴です。
あまり手間をかけずにできるだけ早く家を建てたいのであれば
ハウスメーカーが向いています。
ただし部材の仕様がある程度決まっているので、
予算や敷地で対応できない場合があります。
自由設計とうたっていてもすべてが自由になるわけではなく、
基本ベースに少し変更していくといった感じになる場合も。

・工務店の場合
地域密着型の企業が多いので、
コミュニケーションがとりやすいのが特徴。
設計料は工事費の中に含まれる場合が多く、
部材の運搬費用が節約できるので
予算が限られている人はおすすめです。
ただし建築家と比べると設計力が劣ることもあり、
デザイン性にこだわる人には不満があるかも。
しかしこまやかなアフターメンテナンスが特徴です。
地元ならではのメリットを生かし、
完成後も色々と相談できます。

更年期障害の症状をチェックしよう
更年期障害の症状を理解できていますか?
動悸がするなどの自分の身体の変化感じたら…。

家づくりを失敗しない方法!
後悔しない家を建てる為のアイディア満載。
家づくりの前に勉強しましょう。

家づくりの賢い方法

家づくりの窓選びアイディア2
家づくり部屋コストダウン方法1
家づくり部屋コストダウン方法2
家づくりの収納計画を立てる
家づくりの行動パターン収納
家づくりの収納の種類
家づくりの収納アイディア1
家づくりの収納アイディア2
家づくり造りつけ家具裏ワザ
家づくりの予算管理方法
家づくりイメージを明確にする
家づくりの契約スケジュール
家づくりの建築費用の仕組み
家づくりの建物にかかる工事費
家づくりの見積書の形式
ハウスメーカー見積の特徴
工務店の見積書の特徴
家づくりの設計図書でイメージ
家づくりの打ち合わせチェック
家づくりで建築家の依頼方法
家づくりでの契約書の注意点
家づくりの資金計画見通し
家づくりの自己資金と住宅ローン
家づくりローンの金利タイプ

その他

リンク募集中
知らなきゃ損する中古車情報!