家づくりの賢い方法

トップページ
家づくり初心者が知っておく事
家づくり土地選びの注意点
家づくりの依頼先を選ぶ方法
家づくりで選ぶ施工先の違い
家づくりプランニングの基礎知識
家づくりで一般的な部屋の広さ
家づくりプランのアイディア1
家づくりプランのアイディア2
家づくりプランのアイディア3
家づくりでランニングコスト節約
家づくりメンテナンス費用節約
家づくりの内装選び(床材)
家づくりの内装選び(壁材)
家づくり内装色選びのコツ
家づくり内装材を安くする方法
家づくりのキッチンを選ぶ方法1
家づくりのキッチンを選ぶ方法2
家づくりの水回りを決める方法
家づくりのキッチンアイディア
家づくりの設備機器を選ぶ方法1
家づくりの設備機器を選ぶ方法2
家づくり設備機器のアイディア1
家づくり設備機器のアイディア2
家づくりの窓を選ぶ方法
家づくりの窓の特徴を知る
家づくりの窓選びアイディア1

家づくりの賢い方法>家づくりの収納の種類

集中収納と分散収納を使い分けよう。
ざっくりと一括集中収納、適材適所の分散収納があります。

集中収納とは、人がその中に入ってものを出し入れする
大きな収納スペースをさします。
ウォークインクローゼットや納戸が一般的ですが、
キッチンの大型食品庫(パントリー)や、
コートや靴をしまう玄関収納庫(エントランスクローゼット)、
洗濯・乾燥・収納を一括してできる収納つきもあります。

内部をシンプルにつくると大型の壁面収納に比べて、
収納扉のコストがかからず割安ですが収納以外に通路が必要です。

その分、居住スペースは狭くなります。

分散収納とは個室のクローゼット、トイレの納戸、
キッチンの食器棚、靴箱など各場所で使うものをいれる収納です。
壁面やカウンター下などに設けられます。
扉を開けたとき見やすく、出し入れしやすい設計がポイントです。
もののサイズに合わせて奥行きを決めて間口を広く取りましょう。
奥行きが深いと奥のものが死蔵品になりがちです。

どちらの収納タイプがいいかは一概には言えず、
むしろ、行動パターンに合わせて
両方をうまく使い分けるのがおススメです。
収納スペースも適材適所と心得ておきましょう。



高齢者の応急処置方法
高齢者になにかった場合には、早急な正しい処置が必要です。
処置を覚えて素早い判断を!

家づくりの賢い方法

家づくりの窓選びアイディア2
家づくり部屋コストダウン方法1
家づくり部屋コストダウン方法2
家づくりの収納計画を立てる
家づくりの行動パターン収納
家づくりの収納の種類
家づくりの収納アイディア1
家づくりの収納アイディア2
家づくり造りつけ家具裏ワザ
家づくりの予算管理方法
家づくりイメージを明確にする
家づくりの契約スケジュール
家づくりの建築費用の仕組み
家づくりの建物にかかる工事費
家づくりの見積書の形式
ハウスメーカー見積の特徴
工務店の見積書の特徴
家づくりの設計図書でイメージ
家づくりの打ち合わせチェック
家づくりで建築家の依頼方法
家づくりでの契約書の注意点
家づくりの資金計画見通し
家づくりの自己資金と住宅ローン
家づくりローンの金利タイプ

その他

リンク募集中
フクロモモンガ飼う前に!