家づくりの賢い方法

トップページ
家づくり初心者が知っておく事
家づくり土地選びの注意点
家づくりの依頼先を選ぶ方法
家づくりで選ぶ施工先の違い
家づくりプランニングの基礎知識
家づくりで一般的な部屋の広さ
家づくりプランのアイディア1
家づくりプランのアイディア2
家づくりプランのアイディア3
家づくりでランニングコスト節約
家づくりメンテナンス費用節約
家づくりの内装選び(床材)
家づくりの内装選び(壁材)
家づくり内装色選びのコツ
家づくり内装材を安くする方法
家づくりのキッチンを選ぶ方法1
家づくりのキッチンを選ぶ方法2
家づくりの水回りを決める方法
家づくりのキッチンアイディア
家づくりの設備機器を選ぶ方法1
家づくりの設備機器を選ぶ方法2
家づくり設備機器のアイディア1
家づくり設備機器のアイディア2
家づくりの窓を選ぶ方法
家づくりの窓の特徴を知る
家づくりの窓選びアイディア1

家づくりの賢い方法>家づくりプランのアイディア1

限られた予算内で住み心地や
使い勝手のいい家をうまく建てるには、
プランニングにじっくり時間を使いましょう。

「シンプルな形と構造」
「間仕切りの少ないオープンな間取り」
「メンテナンスを考えた採光と通風」
が考えるポイントになります。

小さな家がローコストなのは当然ですが、
注意点がひとつ!

予算がオーバーしたからといって面積を減らすのではなく、
できれば計画段階から狭小住宅を検討すること。
図面ができてから縮小するのは手直しが難しく、
構造的にもデザイン的にもバランスが悪くなってしまいます。

屋根のデザインは切り妻、寄せ棟、片流れなどありますが、
このうちローコストで仕上がるのは
単純な片流れや切り妻屋根です。
家は複雑なデザインほど材料を多く使うのでコストが上がり、
それは屋根の形状にもいえます。
また、屋根勾配がきつい場合も施工面積がふえ、
使用する材料が多くなり足場も増えて工事期間が長くなります。

家の形はシンプルな箱型にして外壁の表面積を最小にすれば、
下地材、仕上げ材に使われる材料費や工事の手間を減らせます。
シンプルな長方形や正方形の構造だと
コーナー処理の手間も減りコストが減らせますし、
シンプルであれば耐久的にも強くなっています。

家づくりの賢い方法

家づくりの窓選びアイディア2
家づくり部屋コストダウン方法1
家づくり部屋コストダウン方法2
家づくりの収納計画を立てる
家づくりの行動パターン収納
家づくりの収納の種類
家づくりの収納アイディア1
家づくりの収納アイディア2
家づくり造りつけ家具裏ワザ
家づくりの予算管理方法
家づくりイメージを明確にする
家づくりの契約スケジュール
家づくりの建築費用の仕組み
家づくりの建物にかかる工事費
家づくりの見積書の形式
ハウスメーカー見積の特徴
工務店の見積書の特徴
家づくりの設計図書でイメージ
家づくりの打ち合わせチェック
家づくりで建築家の依頼方法
家づくりでの契約書の注意点
家づくりの資金計画見通し
家づくりの自己資金と住宅ローン
家づくりローンの金利タイプ

その他

リンク募集中
リスを飼育する方法
プレーリードッグの飼い方