家づくりの賢い方法

トップページ
家づくり初心者が知っておく事
家づくり土地選びの注意点
家づくりの依頼先を選ぶ方法
家づくりで選ぶ施工先の違い
家づくりプランニングの基礎知識
家づくりで一般的な部屋の広さ
家づくりプランのアイディア1
家づくりプランのアイディア2
家づくりプランのアイディア3
家づくりでランニングコスト節約
家づくりメンテナンス費用節約
家づくりの内装選び(床材)
家づくりの内装選び(壁材)
家づくり内装色選びのコツ
家づくり内装材を安くする方法
家づくりのキッチンを選ぶ方法1
家づくりのキッチンを選ぶ方法2
家づくりの水回りを決める方法
家づくりのキッチンアイディア
家づくりの設備機器を選ぶ方法1
家づくりの設備機器を選ぶ方法2
家づくり設備機器のアイディア1
家づくり設備機器のアイディア2
家づくりの窓を選ぶ方法
家づくりの窓の特徴を知る
家づくりの窓選びアイディア1

家づくりの賢い方法>家づくりプランのアイディア2

同じ面積なら部分2階より総2階建てがおすすめです。
1階と2階の床面積がほぼ同じ建物が総2階建て、
1階の床面積より2階部分を小さくした建物が
部分2階建てです。

1階、2階の両方の床面積がまったく同じの場合、
総2階建てのほうが建築コストが安くなります。
部分2階は建築面積が広くなり、
基礎工事に費用がかかり、
屋根の分量やコーナー処理も多くなるので
その分の材料や工事が増えてしまうためです。

部屋数を少なくすると間仕切りや扉が減らせます。
部屋数が多いと、間仕切り壁を仕上げるために
その分の材料費がかかりますが、
部屋を仕切る壁がなくなれば材料費はもちろん、
それに付属する扉、照明、コンセントなどが不要になります。

ワンルームスタイルの広い部屋は、
開放感があって広さを感じれるだけではなく
コストダウンの効果もあります。

廊下を極力減らして居間を広くする方法もあります。
LDKなど家族が集まるスペースに面している廊下は、
無駄な場合が多々あります。
廊下の分のスペースを部屋に取り込んだ方が
有効利用になりますし部屋の広さも広がります。



ADHDをチェックする方法!
基準がまだ明確に決まっていないからと安心してはいけません!
特徴を理解して早期診断・治療を!

ハリネズミをペットに飼育する方法
ペットにはかなり珍しいハリネズミを飼育してみませんか?
愛くるしいしぐさに目が離せなくなりますよ☆

家づくりの賢い方法

家づくりの窓選びアイディア2
家づくり部屋コストダウン方法1
家づくり部屋コストダウン方法2
家づくりの収納計画を立てる
家づくりの行動パターン収納
家づくりの収納の種類
家づくりの収納アイディア1
家づくりの収納アイディア2
家づくり造りつけ家具裏ワザ
家づくりの予算管理方法
家づくりイメージを明確にする
家づくりの契約スケジュール
家づくりの建築費用の仕組み
家づくりの建物にかかる工事費
家づくりの見積書の形式
ハウスメーカー見積の特徴
工務店の見積書の特徴
家づくりの設計図書でイメージ
家づくりの打ち合わせチェック
家づくりで建築家の依頼方法
家づくりでの契約書の注意点
家づくりの資金計画見通し
家づくりの自己資金と住宅ローン
家づくりローンの金利タイプ

その他

リンク募集中
ヨガでダイエット