家づくりの賢い方法

トップページ
家づくり初心者が知っておく事
家づくり土地選びの注意点
家づくりの依頼先を選ぶ方法
家づくりで選ぶ施工先の違い
家づくりプランニングの基礎知識
家づくりで一般的な部屋の広さ
家づくりプランのアイディア1
家づくりプランのアイディア2
家づくりプランのアイディア3
家づくりでランニングコスト節約
家づくりメンテナンス費用節約
家づくりの内装選び(床材)
家づくりの内装選び(壁材)
家づくり内装色選びのコツ
家づくり内装材を安くする方法
家づくりのキッチンを選ぶ方法1
家づくりのキッチンを選ぶ方法2
家づくりの水回りを決める方法
家づくりのキッチンアイディア
家づくりの設備機器を選ぶ方法1
家づくりの設備機器を選ぶ方法2
家づくり設備機器のアイディア1
家づくり設備機器のアイディア2
家づくりの窓を選ぶ方法
家づくりの窓の特徴を知る
家づくりの窓選びアイディア1

家づくりの賢い方法>家づくりの収納アイディア2

収納扉はなるべく数を減らすようにしましょう。
造作で収納スペースを作る場合に同じ間口でも、
4枚扉より2枚扉のほうが3〜4割安くできます。

扉の大きさに関係なく扉の数だけ金具代や
取付費がかかるため扉が少ない方が安くできます。

ただし2枚扉にすると1枚の幅が広くなる場合があり
開閉のときは手前にそのスペースが必要です。
狭い廊下などに設ける場合や
大きい家具を置く予定があるなら
配置に気を付けなければいけません。

引き出しは代用できます。
造りつけ収納に引き出しや細かい仕切りをつけると、
その分の手間賃と材料費でコストアップになります。

コストアップを節約するにはシンプルな棚だけにして
市販のバスケットやボックスなどで仕分けるようにしましょう。
こうすれば引き出しを作らなくても細かなものが整理しやすく、
素材や色をそろえれば見た目も美しくて
インテリア的にもバッチリです。

バスケットやボックスの大きさがバラバラでも
柔軟に対応できるように棚板のダボ穴は細かい間隔で
作ってもらっておけば今後が楽になります。

家づくりの賢い方法

家づくりの窓選びアイディア2
家づくり部屋コストダウン方法1
家づくり部屋コストダウン方法2
家づくりの収納計画を立てる
家づくりの行動パターン収納
家づくりの収納の種類
家づくりの収納アイディア1
家づくりの収納アイディア2
家づくり造りつけ家具裏ワザ
家づくりの予算管理方法
家づくりイメージを明確にする
家づくりの契約スケジュール
家づくりの建築費用の仕組み
家づくりの建物にかかる工事費
家づくりの見積書の形式
ハウスメーカー見積の特徴
工務店の見積書の特徴
家づくりの設計図書でイメージ
家づくりの打ち合わせチェック
家づくりで建築家の依頼方法
家づくりでの契約書の注意点
家づくりの資金計画見通し
家づくりの自己資金と住宅ローン
家づくりローンの金利タイプ

その他

リンク募集中
インコの飼い方
ハリネズミをペットに飼育