家づくりの賢い方法

トップページ
家づくり初心者が知っておく事
家づくり土地選びの注意点
家づくりの依頼先を選ぶ方法
家づくりで選ぶ施工先の違い
家づくりプランニングの基礎知識
家づくりで一般的な部屋の広さ
家づくりプランのアイディア1
家づくりプランのアイディア2
家づくりプランのアイディア3
家づくりでランニングコスト節約
家づくりメンテナンス費用節約
家づくりの内装選び(床材)
家づくりの内装選び(壁材)
家づくり内装色選びのコツ
家づくり内装材を安くする方法
家づくりのキッチンを選ぶ方法1
家づくりのキッチンを選ぶ方法2
家づくりの水回りを決める方法
家づくりのキッチンアイディア
家づくりの設備機器を選ぶ方法1
家づくりの設備機器を選ぶ方法2
家づくり設備機器のアイディア1
家づくり設備機器のアイディア2
家づくりの窓を選ぶ方法
家づくりの窓の特徴を知る
家づくりの窓選びアイディア1

家づくりの賢い方法>家づくりでランニングコスト節約

大まかなプランが出来上がってくると
建築コストも考えはじめないといけません。
工事費や設備機器の購入費用など、
建物本体にかかる費用がイニシャルコスト。
住み始めてからかかる電気代、
ガス代などがランニングコストといいます。

家づくりではイニシャルコストばかりを考えがちですが、
実は、トータルでコストを考えると
無視できないのがランニングコストなのです。

夏の熱気が自然に流れる間取り、
冬の光が部屋の奥まで差し込む窓の取り方など、
ランニングコストを抑える間取りの工夫が必要になります。

隣家が迫っている住宅密集地や旗ざお状敷地では、
採光や通風を確保するのが困難な場合があります。
このような敷地の場合は、
建物の中央に中庭をつくるのがおすすめです。

1階、2階ともに庭に面して大きな開口部をとれば
明るい日差しや風をたっぷり取り込むことができます。
そうすることでランニングコストも抑えることができます。

そして省エネ住宅の基本は、
断熱工事に手を抜かないことです。
そのためには屋根、外壁、床下に
しっかり断熱材を張り巡らせることが大切です。

キチンと断熱工事がされた建物は、
冷暖房費用が節約できるほか、
結露を防止して建物を長持ちさせることになります。

家づくりの賢い方法

家づくりの窓選びアイディア2
家づくり部屋コストダウン方法1
家づくり部屋コストダウン方法2
家づくりの収納計画を立てる
家づくりの行動パターン収納
家づくりの収納の種類
家づくりの収納アイディア1
家づくりの収納アイディア2
家づくり造りつけ家具裏ワザ
家づくりの予算管理方法
家づくりイメージを明確にする
家づくりの契約スケジュール
家づくりの建築費用の仕組み
家づくりの建物にかかる工事費
家づくりの見積書の形式
ハウスメーカー見積の特徴
工務店の見積書の特徴
家づくりの設計図書でイメージ
家づくりの打ち合わせチェック
家づくりで建築家の依頼方法
家づくりでの契約書の注意点
家づくりの資金計画見通し
家づくりの自己資金と住宅ローン
家づくりローンの金利タイプ

その他

リンク募集中
法律でトラブルを回避
名古屋市中区のラーメン屋