家づくりの賢い方法

トップページ
家づくり初心者が知っておく事
家づくり土地選びの注意点
家づくりの依頼先を選ぶ方法
家づくりで選ぶ施工先の違い
家づくりプランニングの基礎知識
家づくりで一般的な部屋の広さ
家づくりプランのアイディア1
家づくりプランのアイディア2
家づくりプランのアイディア3
家づくりでランニングコスト節約
家づくりメンテナンス費用節約
家づくりの内装選び(床材)
家づくりの内装選び(壁材)
家づくり内装色選びのコツ
家づくり内装材を安くする方法
家づくりのキッチンを選ぶ方法1
家づくりのキッチンを選ぶ方法2
家づくりの水回りを決める方法
家づくりのキッチンアイディア
家づくりの設備機器を選ぶ方法1
家づくりの設備機器を選ぶ方法2
家づくり設備機器のアイディア1
家づくり設備機器のアイディア2
家づくりの窓を選ぶ方法
家づくりの窓の特徴を知る
家づくりの窓選びアイディア1

家づくりの賢い方法>家づくりの内装選び(壁材)

内装材は自然素材と新建材に大きく分けられます。
 
無垢のフローリングやしっくい、
珪藻土の壁材に代表されるのが
自然素材の内装材です。

自然素材はコストは高いものの、
傷ついて色あせたり古びたりしますが、
素材の持つ暖かみや質感、
時とともに増すツヤや傷そのものを
味わい深く感じるという人が増えています。

ビニールクロスや複合フローリングなどが、
新建材の内装材です。

新建材は最初の美しさが比較的楽に長く保たれますが、
いったん傷がつき古くなれば新品と比べて見劣りします。
ただ5〜10年程度で内装を変える必要がある場合は、
コストの安いものが選べる点で魅力です。

このように自然素材と新建材は一長一短です。
例えば、子供が小さい場合に壁は汚れる前提で
ビニールクロスなどの新建材にすればリフォームも簡単です。
成長に合わせて色柄を変えるのも楽しいです。
リビングだけ雰囲気のある自然素材にするのもありです。

床材とは違い壁に関しては比較的リフォームも楽なので、
家族構成などを考慮して選ぶといいでしょう。
汚れが付きやすいキッチン、洗面所などは新建材がおすすめです。

家づくりの賢い方法

家づくりの窓選びアイディア2
家づくり部屋コストダウン方法1
家づくり部屋コストダウン方法2
家づくりの収納計画を立てる
家づくりの行動パターン収納
家づくりの収納の種類
家づくりの収納アイディア1
家づくりの収納アイディア2
家づくり造りつけ家具裏ワザ
家づくりの予算管理方法
家づくりイメージを明確にする
家づくりの契約スケジュール
家づくりの建築費用の仕組み
家づくりの建物にかかる工事費
家づくりの見積書の形式
ハウスメーカー見積の特徴
工務店の見積書の特徴
家づくりの設計図書でイメージ
家づくりの打ち合わせチェック
家づくりで建築家の依頼方法
家づくりでの契約書の注意点
家づくりの資金計画見通し
家づくりの自己資金と住宅ローン
家づくりローンの金利タイプ

その他

リンク募集中
アスペルガー症候群の症状
子どもの健康を考えよう!