家づくりの賢い方法

トップページ
家づくり初心者が知っておく事
家づくり土地選びの注意点
家づくりの依頼先を選ぶ方法
家づくりで選ぶ施工先の違い
家づくりプランニングの基礎知識
家づくりで一般的な部屋の広さ
家づくりプランのアイディア1
家づくりプランのアイディア2
家づくりプランのアイディア3
家づくりでランニングコスト節約
家づくりメンテナンス費用節約
家づくりの内装選び(床材)
家づくりの内装選び(壁材)
家づくり内装色選びのコツ
家づくり内装材を安くする方法
家づくりのキッチンを選ぶ方法1
家づくりのキッチンを選ぶ方法2
家づくりの水回りを決める方法
家づくりのキッチンアイディア
家づくりの設備機器を選ぶ方法1
家づくりの設備機器を選ぶ方法2
家づくり設備機器のアイディア1
家づくり設備機器のアイディア2
家づくりの窓を選ぶ方法
家づくりの窓の特徴を知る
家づくりの窓選びアイディア1

家づくりの賢い方法>家づくり内装材を安くする方法

建材に使われる素材には
木や石、タイル、スチールなどの自然素材。
プラスチックなどの石油化学製品。
ポリウレタンなどの化学合成品などがあります。

最近の住宅では安価で加工しやすい
化学合成品を使うことが多いですが、
自然素材に比べると長年の使用で汚れが目立ち、
経年劣化による味わいもいまひとつです。

特に内装の大半を占める床材や壁材は体に触れることも多く、
直接触った感触にもこだわりたいものです。
長い目で見ると飽きやすい素材より、
年月による変化が楽しめ五感にやさしい自然素材の方が
ローコストなのかもしれません。

壁、天井、床の仕上げは各部屋に変えるのではなく、
すべて同じものを各部屋に使ってロスを少なくするのも
ローコストですむ賢い方法ともいえます。

仕上げる素材がバラバラだとそれぞれ職人が必要になり
仕事の量も増えて工事期間も長くなります。
その分費用もかかることになります。

特殊な素材や生産量が少ない素材は価格も高く、
手馴れた職人も少ないために施工に手間がかかり
コストアップになります。
大量生産で広く流通している普及品は
色々な過程で経費が削減されているので
安く簡単に手に入れることができます。

素材に対して特別なこだわりがないのであれば、
施工会社が薦める普及品を使うのが
コストを節約できる簡単な方法です。

家づくりの賢い方法

家づくりの窓選びアイディア2
家づくり部屋コストダウン方法1
家づくり部屋コストダウン方法2
家づくりの収納計画を立てる
家づくりの行動パターン収納
家づくりの収納の種類
家づくりの収納アイディア1
家づくりの収納アイディア2
家づくり造りつけ家具裏ワザ
家づくりの予算管理方法
家づくりイメージを明確にする
家づくりの契約スケジュール
家づくりの建築費用の仕組み
家づくりの建物にかかる工事費
家づくりの見積書の形式
ハウスメーカー見積の特徴
工務店の見積書の特徴
家づくりの設計図書でイメージ
家づくりの打ち合わせチェック
家づくりで建築家の依頼方法
家づくりでの契約書の注意点
家づくりの資金計画見通し
家づくりの自己資金と住宅ローン
家づくりローンの金利タイプ

その他

リンク募集中
岐阜市のラーメン屋
知らなきゃ損する中古車情報!