家づくりの賢い方法

トップページ
家づくり初心者が知っておく事
家づくり土地選びの注意点
家づくりの依頼先を選ぶ方法
家づくりで選ぶ施工先の違い
家づくりプランニングの基礎知識
家づくりで一般的な部屋の広さ
家づくりプランのアイディア1
家づくりプランのアイディア2
家づくりプランのアイディア3
家づくりでランニングコスト節約
家づくりメンテナンス費用節約
家づくりの内装選び(床材)
家づくりの内装選び(壁材)
家づくり内装色選びのコツ
家づくり内装材を安くする方法
家づくりのキッチンを選ぶ方法1
家づくりのキッチンを選ぶ方法2
家づくりの水回りを決める方法
家づくりのキッチンアイディア
家づくりの設備機器を選ぶ方法1
家づくりの設備機器を選ぶ方法2
家づくり設備機器のアイディア1
家づくり設備機器のアイディア2
家づくりの窓を選ぶ方法
家づくりの窓の特徴を知る
家づくりの窓選びアイディア1

家づくりの賢い方法>工務店の見積書の特徴

在来工法による工務店の見積書の特徴は
ハウスメーカーが一式でまとめてくるのとは違って、
1つ1つの工事費用を算出して明記されます。
これらをすべてトータルした総額を出すということです。

さらに工事費内訳書の明細として、
細かく明記された工事費内訳証明書も作成されます。
仮工事にかかわる金額として水盛遣方費、仮設材損費、
足場掛払費、養生費などいろいろな細かい工事の項目
それぞれの数量、単価、金額などを明記されます。
数社から相見積もりをとるときは、
この工事費内訳明細書も提出してもらい、
細かい部分まで比較検討できるように依頼しましょう。

ただし、業者によって書式はまちまちで、
比較しづらい場合もあります。
細かい項目まで比較したければ、
あらかじめ工務店に書式を指定したり、
自分で比較表を作成する必要があります。

専門的な用語などでわからない場合は
担当者に質問してどんな工事内容なのか確認しましょう。

見積もり依頼した先からラフプランや見積書が出てきたら
まずはすべてをチェックします。
まず、最初に要望を出したことが反映されているか、
されていなければその理由を確認し、
不満であればやり直しの検討が必要になります。

次に予算面を検討します。
まず総額を確認して、本体工事費、付加工事費、
別途工事費などを整理します。
数社の見積もり書を比較検討して
最終的にどこに依頼するかを決めます。
あわてずにじっくりと時間をかけて検討して
わからないことはどんどん質問して
納得して依頼先を決めるのが一番です。

家づくりの賢い方法

家づくりの窓選びアイディア2
家づくり部屋コストダウン方法1
家づくり部屋コストダウン方法2
家づくりの収納計画を立てる
家づくりの行動パターン収納
家づくりの収納の種類
家づくりの収納アイディア1
家づくりの収納アイディア2
家づくり造りつけ家具裏ワザ
家づくりの予算管理方法
家づくりイメージを明確にする
家づくりの契約スケジュール
家づくりの建築費用の仕組み
家づくりの建物にかかる工事費
家づくりの見積書の形式
ハウスメーカー見積の特徴
工務店の見積書の特徴
家づくりの設計図書でイメージ
家づくりの打ち合わせチェック
家づくりで建築家の依頼方法
家づくりでの契約書の注意点
家づくりの資金計画見通し
家づくりの自己資金と住宅ローン
家づくりローンの金利タイプ

その他

リンク募集中
リスを飼育する方法
プレーリードッグの飼い方