家づくりの賢い方法

トップページ
家づくり初心者が知っておく事
家づくり土地選びの注意点
家づくりの依頼先を選ぶ方法
家づくりで選ぶ施工先の違い
家づくりプランニングの基礎知識
家づくりで一般的な部屋の広さ
家づくりプランのアイディア1
家づくりプランのアイディア2
家づくりプランのアイディア3
家づくりでランニングコスト節約
家づくりメンテナンス費用節約
家づくりの内装選び(床材)
家づくりの内装選び(壁材)
家づくり内装色選びのコツ
家づくり内装材を安くする方法
家づくりのキッチンを選ぶ方法1
家づくりのキッチンを選ぶ方法2
家づくりの水回りを決める方法
家づくりのキッチンアイディア
家づくりの設備機器を選ぶ方法1
家づくりの設備機器を選ぶ方法2
家づくり設備機器のアイディア1
家づくり設備機器のアイディア2
家づくりの窓を選ぶ方法
家づくりの窓の特徴を知る
家づくりの窓選びアイディア1

家づくりの賢い方法>家づくりの設備機器を選ぶ方法2

設備機器はメンテナンス性のことを考えると
汎用性に富んだものを選んでおいたほうが、
長い目で見たとき安心できます。

設備機器も頻繁にモデルチェンジが行われますから、
人気のない製品はすく廃番になってしまう可能性があります。
一定の期間は部品を保管するように義務付けられていますが、
修理したくても部品がないという事態もありえます。
一点ものや海外製だと故障したときに
すぐに修理できずにメンテナンスも大変です。

その点、標準仕様のものは汎用性に富んでいます。
まず標準仕様の中から好みに合うものを選んでみましょう。

また、次々に新しい技術が開発されるため、
設備機器も毎年のように新製品が発表されます。
最新式のものは価格も高いのでこだわらないのであれば
定番品から選ぶのがコストダウンになります。

最近は輸入の設備機器も珍しくなくなり、
気軽に取り入れられるようになりました。
日本製にはないデザインや素材、機能のものも多く
憧れている人もいるでしょう。

輸入の設備機器を取り入れたい場合は、
メンテナンスや保証をどこが行うか確認しておきましょう。
輸入のシステムキッチンや水回り製品、照明器具などは
日本法人や輸入代理店が故障したとき
修理や部品の取り寄せなどアフターケアをしている事もあります。

ただし日本製品と比べて修理や交換、部品の取り寄せに
ある程度の時間がかかることは覚悟したほうがいいでしょう。



法律で日常のトラブルを回避する方法
身近なトラブルを法律で回避しましょう!
借金、交通事故、離婚、会社などのトラブルを法律で解決!

美肌になる方法!勘違いの知識を正しく学ぼう
正しい美肌になる方法を知っていますか?
そのスキンケア方法勘違いかも?!

家づくりの賢い方法

家づくりの窓選びアイディア2
家づくり部屋コストダウン方法1
家づくり部屋コストダウン方法2
家づくりの収納計画を立てる
家づくりの行動パターン収納
家づくりの収納の種類
家づくりの収納アイディア1
家づくりの収納アイディア2
家づくり造りつけ家具裏ワザ
家づくりの予算管理方法
家づくりイメージを明確にする
家づくりの契約スケジュール
家づくりの建築費用の仕組み
家づくりの建物にかかる工事費
家づくりの見積書の形式
ハウスメーカー見積の特徴
工務店の見積書の特徴
家づくりの設計図書でイメージ
家づくりの打ち合わせチェック
家づくりで建築家の依頼方法
家づくりでの契約書の注意点
家づくりの資金計画見通し
家づくりの自己資金と住宅ローン
家づくりローンの金利タイプ

その他

リンク募集中
妊娠の初期症状
家づくりを失敗しない方法!