家づくりの賢い方法

トップページ
家づくり初心者が知っておく事
家づくり土地選びの注意点
家づくりの依頼先を選ぶ方法
家づくりで選ぶ施工先の違い
家づくりプランニングの基礎知識
家づくりで一般的な部屋の広さ
家づくりプランのアイディア1
家づくりプランのアイディア2
家づくりプランのアイディア3
家づくりでランニングコスト節約
家づくりメンテナンス費用節約
家づくりの内装選び(床材)
家づくりの内装選び(壁材)
家づくり内装色選びのコツ
家づくり内装材を安くする方法
家づくりのキッチンを選ぶ方法1
家づくりのキッチンを選ぶ方法2
家づくりの水回りを決める方法
家づくりのキッチンアイディア
家づくりの設備機器を選ぶ方法1
家づくりの設備機器を選ぶ方法2
家づくり設備機器のアイディア1
家づくり設備機器のアイディア2
家づくりの窓を選ぶ方法
家づくりの窓の特徴を知る
家づくりの窓選びアイディア1

家づくりの賢い方法>家づくりでの契約書の注意点

契約書を交わすときの注意点があります。
基本計画や見積もり、実施設計を終えて契約を結びます。
あとでトラブルにならないように十分な説明を受け
納得したうえで行うことです。
即決を避け一呼吸おいて吟味する期間を持ちましょう。

見積もりや設計に納得できたら、
次は工事請負契約を結ぶステップへ進みます。
工事請負契約書と契約約款、設計図書、
本見積書が提出されます。

工事請負契約書は契約内容について書かれており
契約の当事者である施主と工事を請け負う
施工業者の概要が記されています。

添付される約款は、万一トラブルがあった場合の
対処法を取り決めたものです。
これは通常、施工会社が一方的に内容を決めて
施主がこれに同意する形をとります。

大まかな内容は、工事請負者が設計通りに施工すること、
設計図書に適合しない施工が行われて施主の改善の要求や
監理者の指示があった場合にそれに応じるというものです。

施工業者にとって有利な条件が織り込まれている場合もあるので
わからないことは確認して解決しましょう。
もし質問などしてあいまいな説明であったり、
疑問を感じた場合はあとで不利にならないように
法律の専門家などにアドバイスを求めるとより確実です。

また公的機関が作成したフォーマットもインターネットで
簡単に入手できますので建築家に相談するのもいいでしょう。

家づくりの賢い方法

家づくりの窓選びアイディア2
家づくり部屋コストダウン方法1
家づくり部屋コストダウン方法2
家づくりの収納計画を立てる
家づくりの行動パターン収納
家づくりの収納の種類
家づくりの収納アイディア1
家づくりの収納アイディア2
家づくり造りつけ家具裏ワザ
家づくりの予算管理方法
家づくりイメージを明確にする
家づくりの契約スケジュール
家づくりの建築費用の仕組み
家づくりの建物にかかる工事費
家づくりの見積書の形式
ハウスメーカー見積の特徴
工務店の見積書の特徴
家づくりの設計図書でイメージ
家づくりの打ち合わせチェック
家づくりで建築家の依頼方法
家づくりでの契約書の注意点
家づくりの資金計画見通し
家づくりの自己資金と住宅ローン
家づくりローンの金利タイプ

その他

リンク募集中
名古屋市中区のラーメン屋
名古屋市北部のラーメン屋
名古屋市南部のラーメン屋