家づくりの賢い方法

トップページ
家づくり初心者が知っておく事
家づくり土地選びの注意点
家づくりの依頼先を選ぶ方法
家づくりで選ぶ施工先の違い
家づくりプランニングの基礎知識
家づくりで一般的な部屋の広さ
家づくりプランのアイディア1
家づくりプランのアイディア2
家づくりプランのアイディア3
家づくりでランニングコスト節約
家づくりメンテナンス費用節約
家づくりの内装選び(床材)
家づくりの内装選び(壁材)
家づくり内装色選びのコツ
家づくり内装材を安くする方法
家づくりのキッチンを選ぶ方法1
家づくりのキッチンを選ぶ方法2
家づくりの水回りを決める方法
家づくりのキッチンアイディア
家づくりの設備機器を選ぶ方法1
家づくりの設備機器を選ぶ方法2
家づくり設備機器のアイディア1
家づくり設備機器のアイディア2
家づくりの窓を選ぶ方法
家づくりの窓の特徴を知る
家づくりの窓選びアイディア1

家づくりの賢い方法>家づくり設備機器のアイディア1

水回りや冷暖房の設備はもちろん、
パーツや照明も家の大事な要素です。
日進月歩で新製品が登場しますが、
過剰な機能はコストアップの元です。
機能性、操作性、経済性などあらゆる角度から
じっくりチェックして我が家に必要か考えましょう。

空間の有効利用にもなる床暖房はどうですか?
新築住宅2〜3割が採用している床暖房。
フローリングやタイルなどの床仕上げ材の下に
電気ヒーター温水パイプなどの熱源を施工して、
床全体を暖めるのが一般的です。

費用は15畳程度の部屋に施工する場合で
70万〜100万円程度です。
深夜電力を利用するタイプなら
電気代はエアコンとほとんど変わらないといわれています。

床暖房は一定のおだやかな温度で室温を保ち、
広い空間でも上下の温度差がなく空気も乾燥しないので、
子供やお年寄りにも優しい暖房です。

さらにエアコンのように機器が室内に出ていないので
見た目がすっきりとして空間の有効利用にもなり
メリットの多い暖房といえるでしょう。

逆に見えない設備としてビルトインエアコンがありますが、
同じように機器が室内に出てこないので床暖房と変わりませんが、
しかしビルトインエアコンの工事は
本体を取り付けてからの配管や壁、天井を仕上げるので
一般のエアコンより手間がかかりエアコン自体も高価です。
工事費などを含めると全体のコストはかなりアップするので、
建築コストを節約したいのであればビルトインエアコンを諦め、
壁付けタイプを選んだ方が賢明です。



高齢者の応急処置方法
高齢者になにかった場合には、早急な正しい処置が必要です。
処置を覚えて素早い判断を!

ADHDをチェックする方法!
基準がまだ明確に決まっていないからと安心してはいけません!
特徴を理解して早期診断・治療を!

家づくりの賢い方法

家づくりの窓選びアイディア2
家づくり部屋コストダウン方法1
家づくり部屋コストダウン方法2
家づくりの収納計画を立てる
家づくりの行動パターン収納
家づくりの収納の種類
家づくりの収納アイディア1
家づくりの収納アイディア2
家づくり造りつけ家具裏ワザ
家づくりの予算管理方法
家づくりイメージを明確にする
家づくりの契約スケジュール
家づくりの建築費用の仕組み
家づくりの建物にかかる工事費
家づくりの見積書の形式
ハウスメーカー見積の特徴
工務店の見積書の特徴
家づくりの設計図書でイメージ
家づくりの打ち合わせチェック
家づくりで建築家の依頼方法
家づくりでの契約書の注意点
家づくりの資金計画見通し
家づくりの自己資金と住宅ローン
家づくりローンの金利タイプ

その他

リンク募集中
家づくりを失敗しない方法!