家づくりの賢い方法

トップページ
家づくり初心者が知っておく事
家づくり土地選びの注意点
家づくりの依頼先を選ぶ方法
家づくりで選ぶ施工先の違い
家づくりプランニングの基礎知識
家づくりで一般的な部屋の広さ
家づくりプランのアイディア1
家づくりプランのアイディア2
家づくりプランのアイディア3
家づくりでランニングコスト節約
家づくりメンテナンス費用節約
家づくりの内装選び(床材)
家づくりの内装選び(壁材)
家づくり内装色選びのコツ
家づくり内装材を安くする方法
家づくりのキッチンを選ぶ方法1
家づくりのキッチンを選ぶ方法2
家づくりの水回りを決める方法
家づくりのキッチンアイディア
家づくりの設備機器を選ぶ方法1
家づくりの設備機器を選ぶ方法2
家づくり設備機器のアイディア1
家づくり設備機器のアイディア2
家づくりの窓を選ぶ方法
家づくりの窓の特徴を知る
家づくりの窓選びアイディア1

家づくりの賢い方法>家づくりの自己資金と住宅ローン

自己資金と住宅ローンのバランスを考えましょう。
資金をどのように準備するかを考えるときに大事です。
借りすぎに注意しつつ、不意に備えるための貯蓄もキープします。
親の援助、助成制度の活用なども上手に計画しましょう。

住宅ローンは原則、工事費の80%が上限です。
費用の全体像や支払時期が整理できたら
さらに資金をどう用意するかを詳しく検討します。

おおまかに分けると、自己資金と住宅ローンが考えられます。
自己資金と貯蓄や親の援助など他社に借りる以外のお金です。

仮にローンに頼る計画から考えてみましょう。
それでも通常は全額をローンでまかなうことしかできません。
住宅ローンの融資限度には大前提として、
原則は工事費の80%が上限です。

この工事費は工事請負契約書にのる金額など、
書類で金融機関に示せる金額です。
この点から最低でも工事費の20%は自己資金が必要です。
さらに先にふれたような諸費用が10%程度かかると考えると、
30%程度は自己資金で用意したいものです。
まずこれがローン以外の資金の最低ラインです。

そのうえで、住宅ローンの利用額をよく考えます。
長期にわたる返済は家計にずっと負担を与えます。
新居での生活を楽しむためにも、
借入額はできるだけ減らすことが大事です。

分譲住宅では物件の価格は決まっていますが、
新築ならある程度は予算の調整もできます。
もしローンが多くなるようであれば、
プランの見直しを含めて予算を検討するのが大事です。

家づくりの賢い方法

家づくりの窓選びアイディア2
家づくり部屋コストダウン方法1
家づくり部屋コストダウン方法2
家づくりの収納計画を立てる
家づくりの行動パターン収納
家づくりの収納の種類
家づくりの収納アイディア1
家づくりの収納アイディア2
家づくり造りつけ家具裏ワザ
家づくりの予算管理方法
家づくりイメージを明確にする
家づくりの契約スケジュール
家づくりの建築費用の仕組み
家づくりの建物にかかる工事費
家づくりの見積書の形式
ハウスメーカー見積の特徴
工務店の見積書の特徴
家づくりの設計図書でイメージ
家づくりの打ち合わせチェック
家づくりで建築家の依頼方法
家づくりでの契約書の注意点
家づくりの資金計画見通し
家づくりの自己資金と住宅ローン
家づくりローンの金利タイプ

その他

リンク募集中
アスペルガー症候群の症状
子どもの健康を考えよう!