家づくりの賢い方法

トップページ
家づくり初心者が知っておく事
家づくり土地選びの注意点
家づくりの依頼先を選ぶ方法
家づくりで選ぶ施工先の違い
家づくりプランニングの基礎知識
家づくりで一般的な部屋の広さ
家づくりプランのアイディア1
家づくりプランのアイディア2
家づくりプランのアイディア3
家づくりでランニングコスト節約
家づくりメンテナンス費用節約
家づくりの内装選び(床材)
家づくりの内装選び(壁材)
家づくり内装色選びのコツ
家づくり内装材を安くする方法
家づくりのキッチンを選ぶ方法1
家づくりのキッチンを選ぶ方法2
家づくりの水回りを決める方法
家づくりのキッチンアイディア
家づくりの設備機器を選ぶ方法1
家づくりの設備機器を選ぶ方法2
家づくり設備機器のアイディア1
家づくり設備機器のアイディア2
家づくりの窓を選ぶ方法
家づくりの窓の特徴を知る
家づくりの窓選びアイディア1

家づくりの賢い方法>家づくりローンの金利タイプ

金利タイプの選択がますます大事になってきました。
住宅ローンの返済額の決め方には
固定金利と変動金利があります。

ここ10年ほど金利が大きく変化しなかったため、
変動のリスクはあまり意識されなくなっていました。
しかしながらいつローン金利があがるかはわかりません。

変動金利ローンと固定金利ローンの違いを押さえましょう。
金利の低いものが有利とは限らないです。

固定金利は返済期間中に金利が変わらないタイプ、
変動金利は金利が変わるタイプです。

固定金利型のローンは一度借りてしまえば、
どんなほかの住宅ローン金利が上がっても最後まで同じです。
金利の動きを気にするのは借入時点だけです。

変動金利型のローンは返済が始まっても金利が動けば
利息が調整され、最終的には返済額そのものが変わります。

金利を長く固定するローンほど当初の金利は高く設定され、
金融機関側があとで変更できる変動金利型は金利が低いです。

おすすめは当初の金利が多少高くなっても
固定金利にできるローンです。
金利が上がりだしているとはいえ、
住宅ローンはとても利用しやすい環境です。

そしていま、固定金利で借りてしまえば
低利の時期の返済額を固定できることになります。
返済中に金利の動きを不安でいる必要もありません。

もちろん、30年以上という長い返済期間中には
再び金利が下がるかもしれません。
つまり、返済負担が将来ふえる可能性と、
将来お得になる可能性を天秤にかけると
負担がふえる可能性のほうが大きくて重く、
リスクを避けた方がいいと思います。

大学生活を充実に過ごす為に後悔しないテク
大学生活をより楽しく充実したものにするテクを紹介。
大学を120パーセント使いこなす技術を磨こう。

モルモットの飼い方大公開
モルモットはとっても可愛い上に、
飼い方もそんなに難しくないペットに向いている動物です。

家づくりの賢い方法

家づくりの窓選びアイディア2
家づくり部屋コストダウン方法1
家づくり部屋コストダウン方法2
家づくりの収納計画を立てる
家づくりの行動パターン収納
家づくりの収納の種類
家づくりの収納アイディア1
家づくりの収納アイディア2
家づくり造りつけ家具裏ワザ
家づくりの予算管理方法
家づくりイメージを明確にする
家づくりの契約スケジュール
家づくりの建築費用の仕組み
家づくりの建物にかかる工事費
家づくりの見積書の形式
ハウスメーカー見積の特徴
工務店の見積書の特徴
家づくりの設計図書でイメージ
家づくりの打ち合わせチェック
家づくりで建築家の依頼方法
家づくりでの契約書の注意点
家づくりの資金計画見通し
家づくりの自己資金と住宅ローン
家づくりローンの金利タイプ

その他

リンク募集中
衣類の洗濯・染み抜き