家づくりの賢い方法

トップページ
家づくり初心者が知っておく事
家づくり土地選びの注意点
家づくりの依頼先を選ぶ方法
家づくりで選ぶ施工先の違い
家づくりプランニングの基礎知識
家づくりで一般的な部屋の広さ
家づくりプランのアイディア1
家づくりプランのアイディア2
家づくりプランのアイディア3
家づくりでランニングコスト節約
家づくりメンテナンス費用節約
家づくりの内装選び(床材)
家づくりの内装選び(壁材)
家づくり内装色選びのコツ
家づくり内装材を安くする方法
家づくりのキッチンを選ぶ方法1
家づくりのキッチンを選ぶ方法2
家づくりの水回りを決める方法
家づくりのキッチンアイディア
家づくりの設備機器を選ぶ方法1
家づくりの設備機器を選ぶ方法2
家づくり設備機器のアイディア1
家づくり設備機器のアイディア2
家づくりの窓を選ぶ方法
家づくりの窓の特徴を知る
家づくりの窓選びアイディア1

家づくりの賢い方法>家づくりの窓選びアイディア1

光や風を取り込むのに欠かせないのが窓サッシ。
どんな窓をどのように設置すれば
快適で心地いい住まいになるのかアイディアをまとめました。

窓は大きいほど部屋は広く感じます。
限られた予算で家を建てる場合、
狭い空間をできるだけ広く開放的にするのがポイントになります。
狭い空間を少しでも広く見せるのに効果的なのが窓の存在。
大きな窓から外部へと視線が抜けることで
外部空間の広がりを室内に取り込むことができて
実際よりも広々と感じる室内空間を作ることができます。

腰高窓より掃出し窓を採用しましょう。
床面から立ち上がる高い窓が掃き出し窓で
もともとはほうきなどでホコリを掃き出すための窓だったそう。
一方、腰高窓は大人の腰の高さからの窓をいいます。

どちらにもメリットがありますが
空間を広く見せる効果があるのは掃出し窓です。
床面から窓があるので外とつながっているように見えて
部屋が広く見える効果があります。

窓は大きいタイプを少なく設けましょう。
サイズの小さい窓をいくつもつけるよりも、
幅も高さもある大きいサイズの窓を一カ所つけたほうが
コストダウンになります。

窓を一つつけるごとに窓枠、金具が必要で
施工費もかかるためです。
また、大きい窓を一つにした方が
部屋が広く見える効果もあります。

家づくりの賢い方法

家づくりの窓選びアイディア2
家づくり部屋コストダウン方法1
家づくり部屋コストダウン方法2
家づくりの収納計画を立てる
家づくりの行動パターン収納
家づくりの収納の種類
家づくりの収納アイディア1
家づくりの収納アイディア2
家づくり造りつけ家具裏ワザ
家づくりの予算管理方法
家づくりイメージを明確にする
家づくりの契約スケジュール
家づくりの建築費用の仕組み
家づくりの建物にかかる工事費
家づくりの見積書の形式
ハウスメーカー見積の特徴
工務店の見積書の特徴
家づくりの設計図書でイメージ
家づくりの打ち合わせチェック
家づくりで建築家の依頼方法
家づくりでの契約書の注意点
家づくりの資金計画見通し
家づくりの自己資金と住宅ローン
家づくりローンの金利タイプ

その他

リンク募集中
知らなきゃ損する中古車情報!
「賢い中古マンション購入方法」