家づくりの賢い方法

トップページ
家づくり初心者が知っておく事
家づくり土地選びの注意点
家づくりの依頼先を選ぶ方法
家づくりで選ぶ施工先の違い
家づくりプランニングの基礎知識
家づくりで一般的な部屋の広さ
家づくりプランのアイディア1
家づくりプランのアイディア2
家づくりプランのアイディア3
家づくりでランニングコスト節約
家づくりメンテナンス費用節約
家づくりの内装選び(床材)
家づくりの内装選び(壁材)
家づくり内装色選びのコツ
家づくり内装材を安くする方法
家づくりのキッチンを選ぶ方法1
家づくりのキッチンを選ぶ方法2
家づくりの水回りを決める方法
家づくりのキッチンアイディア
家づくりの設備機器を選ぶ方法1
家づくりの設備機器を選ぶ方法2
家づくり設備機器のアイディア1
家づくり設備機器のアイディア2
家づくりの窓を選ぶ方法
家づくりの窓の特徴を知る
家づくりの窓選びアイディア1

家づくりの賢い方法>家づくりの窓選びアイディア2

ペアガラスサッシはランニングコストの節約になります。
ペアガラスとは、2枚のガラスの間に空気の層をつくり、
断熱性と気密性を持たせたガラスです。

外気の影響を受けにくく冷暖房の費用を
大幅に節約することができます。
ペアガラスよりさらに断熱性が高いのがトリプルガラス。
長い年月のランニングコストを考えれば
単板ガラスよりペアガラス、トリプルガラスの方がお得です。

トップライトはペアガラスを標準に予算を考えましょう。
壁窓の3倍の光量が得られるトップライトは、
北側の階段や玄関など暗くなりがちな場所につけると効果的。

ところが入れるガラスによっては逆効果になる場合があります。
たとえば、予算が厳しいからと単層ガラスにした場合、
北側では確実に結露が生じます。
室内の暖かい空気が冷たいガラスの表面で冷やされ
窓ガラスに水滴をつくるのが結露です。

その水滴がポタポタと床に落ちて、
さらに窓周辺の木部に湿気がたまり建物に悪影響を与えます。
トップライトをつけるならペアガラスをというのは
このような理由があります。

断熱効果はもちろん、ランニングコスト節約のためにも
トップライトはペアガラスがおススメです。
トリプルガラスなら文句なしです。
なお、設置場所によっては開閉できるタイプや
陽射しを遮るスクリーンのついたタイプを
つけた方がいい場合もあります。



うつ病歴4年の患者が語るうつ病マニュアル
うつ病はれっきとした病気です。軽く見てはいけません。
周りの人のケアも大事なのです。勉強してみませんか?
「賢い中古マンション購入方法」
賃貸のアパートから一戸建てではなくマンションを考えているあなた!
お得な情報満載で必見です。この先ずっと賃貸アパートでいいのかな?

家づくりの賢い方法

家づくりの窓選びアイディア2
家づくり部屋コストダウン方法1
家づくり部屋コストダウン方法2
家づくりの収納計画を立てる
家づくりの行動パターン収納
家づくりの収納の種類
家づくりの収納アイディア1
家づくりの収納アイディア2
家づくり造りつけ家具裏ワザ
家づくりの予算管理方法
家づくりイメージを明確にする
家づくりの契約スケジュール
家づくりの建築費用の仕組み
家づくりの建物にかかる工事費
家づくりの見積書の形式
ハウスメーカー見積の特徴
工務店の見積書の特徴
家づくりの設計図書でイメージ
家づくりの打ち合わせチェック
家づくりで建築家の依頼方法
家づくりでの契約書の注意点
家づくりの資金計画見通し
家づくりの自己資金と住宅ローン
家づくりローンの金利タイプ

その他

リンク募集中
ADHDをチェックする方法
高齢者の応急処置方法