腎臓病の食事は宅配食!口コミでしっかり選ぼう!

腎臓病を患った方が行う食事療法のポイントは、腎臓病の進行ペースを遅くさせる事と、健康状態の維持になります。透析導入前の保存期の方であれば、食事療法次第で腎不全への進行を遅らせることができ、透析を始める時期を遅くしていけます。更に言えば、透析開始後も、体調を維持しながら透析に当たるために、食事療法は必要不可欠です。肉や魚加えて卵や豆腐は多量のたんぱく質を有しており、食べ過ぎに注意が必要な食品です。甘い食べ物の場合でも意外な事に多量のたんぱく質が入っています。お菓子の種類よっては乳製品や豆類が混入されているので、エネルギー補給のためとは言え食べ過ぎれば、余分なたんぱく質を摂取する事となります。例えるなら、ショートケーキ1個には卵1個分と同程度のたんぱく質が内包されています。毎日の食事についてどんな食品をどのくらい摂ればよいか、どのようにして献立を考えたらよいか、減塩のポイントなどを教えます。主要な低たんぱく食事療法は、治療用特殊食品の使用が要となりますから、それらの種類にはどんなものがあるのかや、その使い方なども教えます。具体的に患者さんがどのくらいのたんぱく質や食塩を摂っているのかを調べます。24時間内の大小便を検査し、摂取量を割り出します。1日分の尿への尿素窒素やナトリウムの排泄量を見ることで、たんぱく質や食塩の摂取量を把握します。日々の食事で得たたんぱく質は、体内でエネルギーに転じますが、ある程度は老廃物となり血液中に蓄積します。血液は腎臓に運ばれて濾過された後に、残った老廃物は尿と共に体外へ出されます。たんぱく質を過剰摂取すると、老廃物が増えてしまい、腎臓に及ぼす負荷が飛躍します。腎機能を維持する上で、日頃からたんぱく質の摂取量には目を配る必要があります。しかし、たんぱく質は身体を構成する重要な栄養素でもあり、適切な量は摂取する必要があります。腎臓病のうち慢性腎臓病については、腎機能の修復が難しいので、体内のカリウムを体の外へ排泄する力がだんだんと落ちていき、体内へのカリウム摂取と体外への排泄の調整が必須条件となり、排泄されるカリウムの量に応じて、摂取量を減らすことが肝心です。野菜ジュースは、野菜や果物を濃縮した状態になっているので、生のままの野菜や果物と比較するとそのものに含まれたカリウムの量が圧倒的に多いです。そのため、腎機能障害のある患者さんが、普段からよく野菜ジュースを飲んでいると、高カリウム血症を発症する危険が高まります。腎臓が健康でない方が最近増え、問題となっています。腎臓というのは背中に2つありそこで尿を作り体内で必要のなくなった老廃物を体外に排出したり、電解質のバランスを整えたり、血液が酸性に傾くのを防いだり、血圧をコントロールしたり、赤血球を生成したり、これらの機能は我々の体にとってとても大事です。腎臓の治療はもちろん病院にきてそれに応じた治療を受けることが望ましいですが、日々の食事や生活の習慣を見直すことが不可欠です。カリウムは水に流出しやすいので野菜・芋類は小さめに切ってから茹でこぼし或いは水さらしを済ませてから調理を始めましょう。茹でた場合に除去できるカリウム量は、食材の品目や調理時の水量・形状・処理時間次第で変動します。数値で示す場合、ほうれん草等の葉物野菜が45%、いんげん等の未熟豆類でおおよそ30%は取り除けます。小さめのサイズに切る、茹でた後はしっかり水を切る、きっちり搾る等手を加えれば、その分効力は発揮されます。薬物療法と食事療法がCKD治療の要となり、CKDの進行を食い止めるためにもこれらの管理を果敢に行うことが大事です。食事療法は減塩・蛋白制限が主となり、減塩食は高血圧において治療をしやすくし、かたや蛋白制限食においては腎機能の抑制効果が認知されています。CKDステージ3であれば減塩6g/日・蛋白制限 0.6g/kg×体重/日を推奨していますが、これは日本人の平均的な塩分・蛋白摂取量の約半分であるために、蛋白制限食は普段の食事よりも味気ない、カロリーが取れないなどで、実行に移せない方がたくさんいます。人体に必要な3大栄養素に糖質・たんぱく質・脂質があります。糖質と脂質は体内で燃焼されることにより水と二酸化炭素に変化し、腎臓や肺に留まりづらいのですが、たんぱく質については性質上分解されると7~8割は窒素を伴った老廃物に変わるため、排泄の際に腎臓に負荷が及びます。この事から、たんぱく質の摂取量には注意する必要があります。体の機能を保つ上で最低限のたんぱく質の量は体重1kg毎に0.6g/日要し、一日分で捉えれば30~40g程と言えます。たんぱく質の最適な摂取量とは、標準体重で1kgあたり0.8gほどになります。60kg前後を標準体重とすると、一日のたんぱく摂取量は、だいたい50gになります。食品における蛋白含有量を知りたければ食品標準成分表で探してみて参考にするとよいでしょう。これらの食事療法については、栄養士からの食事指導で具体的に応用した食事を作ることも可能です。もし開業医さんで食事指導まで行き届かない場合は、近隣に腎臓内科のある病院がないか訊ねて紹介してもらい、専門的な意見をもらってもよいでしょう。あわせて読むとおすすめ⇒腎臓病宅配口コミ