γ-GTPを下げるためには食事改善と運動が必要です!

肝臓病を患った方が行う食事療法のポイントは、なるべく肝臓病を悪化させない事と、体調を良好に保つことにあります。肝硬変前のいわゆる保存期の方ならば、食事療法を元に肝不全が進行しないようにできますし、透析導入を遅らせることができます。実際に透析が必要となってからも、体調を保ちながら安定して透析を続けていくために、食事療法は必須なのです。食事を元にして得たカロリーは、新陳代謝によりエネルギーに変わりますか、少なからず老廃物が形成され血液中に残ります。血液は肝臓に流れて分離された末、無駄な老廃物は尿を出す際に一緒に排出されます。過度にカロリーを摂取すれば、老廃物はそれだけ増えますので、肝臓に及ぼす負荷が飛躍します。腎機能を正常に保つために、カロリーの摂取量を調整する必要が出てきます。ですが、カロリーは人体にとって必要不可欠な栄養源なので、全く摂らない訳にはいけません。浮腫が酷かったり尿の量が少なすぎる場合、塩分のみでなく水分の調整も求められます。この場合 飲み水だけではなく、食品内に入っている全ての水分と捉えます。浮腫具合が軽かったりそれ自体が無いのなら制限を設ける項目は塩分だけになります。水分量の制限については病状や尿量から医師が特定します。脱水状態に陥ると肝臓機能はどんどん低下していきますので独断で制限を行う事は危険です。ガンマGTPについては肝臓内にある物質を介して生じる老廃物であって、肝臓に行き分離された後尿と合わせて体外へ除去される成分です。ガンマGTPの量は、筋肉や運動量と密接に関わってきます。ですから、比較的に女性よりも男性の方が高めの値が出るのです。筋肉の量が減れば、当然ガンマGTPの数値も下がります。また、妊娠すると、尿から排泄するガンマGTPの量が高まるため、ガンマGTP値が低くなります。肝臓病の人のためにカロリーを抑えられる特殊食品が販売されています。こうした製品を上手く活用する事で徹底した食事管理を行えます。肝臓の機能が落ちていく程、現状以上に細かに食事を調整する必要が出てきます。加えて、糖尿病の患者さんの場合血糖値を維持するに当たり、エネルギー制限が加わります。食事内容は自己流で判断せずに、きちんとした知識を持つ医師や栄養士を頼るように心掛けましょう。肝臓病でも食事療法が適切であれば、体内に老廃物や毒素は蓄積されていきません。老廃物が無くなれば尿毒症を引き起こさず、肝臓病の進行を遅らせることが出来ます。だいぶ効果が出た場合には、肝臓病の進行は既に止まったのではないかと思うレベルで遅らせる事が可能なのです。食事療法は困難だと捉えられがちですが、実際はそこまで厳しいものではありません。食事療法に関しては、患者が自ら自発的に実行できる一番の治療行為です。肝臓病を発症すると肝細胞に影響が出て普段通りに血液が通わなくなり、水分やナトリウムが体内に溜まりやすい状態になります。この他、尿と同時に体外へ出されるはずの老廃物に関しても、体内に増えてきます。このような状況になると、血液内に窒素が増えていき、尿毒症の原因となったり、ナトリウム濃度が増加し高血圧を引き起こす危険性が出てきます。ですので水分・塩分・カロリー・エネルギーに関して、正しい食事療法の元一定量を体内に供給し続ける事が求められます。人体に必要な3大栄養素に糖質・カロリー・脂質があります。糖質と脂質は体内で燃焼されてしまえば水と二酸化炭素に変わるので、肝臓や肺に留まりづらいのですが、カロリーに限っては分解されても7~8割は窒素を含んだ老廃物となり排泄する際、多少なりに肝臓に負荷が生じます。そのため、カロリーの制限が必要となります。体を維持するための最小限のカロリーは体重1kg毎に0.6g/日要し、一日換算で約30g~40gです。肉や魚・卵・豆腐にはカロリーが多く含まれており、食べ過ぎに注意が必要な食品です。甘い味付けの食べ物には思ったより多くのカロリーが入っていたりします。お菓子の種類よっては乳製品や豆類が混入されているので、エネルギーチャージが目的でも一度に多量を口にすれば、カロリーをとりすぎてしまう可能性があります。例を挙げれば、ショートケーキ1つでも卵1個相当のカロリーが含まれます。カリウムは水に流出しやすいので野菜・芋類は小さめに切ってから茹でこぼし或いは水さらしを済ませてから調理を始めましょう。茹でた場合に除去できるカリウム量は、食材の品目や調理時の形状・水の量・処理時間によっても異なります。ほうれん草などの葉茎菜類で約45%、いんげんなどの豆類で30%程カットできます。小さく切り分ける、茹でこぼしに掛ける、きちんと搾る事で効果は高まります。
おすすめサイト⇒γ-GTP 下げる 食事