介護食の献立はやわらかさに注意すること!

年齢の変化や病気によってそれまでのように食事ができなくなります。介護食は食べる機能が低下した方に提供する食事ですが、人それぞれ機能の程度は異なります。不安がなく食事をするための目標の手掛かりとして介護食は全ての方に合わせてレベルが分けられています。嚥下食ピラミッドは全ての食事を摂食・嚥下の難易度にあわせて、わかりやすく普通食から嚥下食まで6つに分け、食べる力がどの程度かに合わせて、食物の形や柔らかさなどを同じにすることで外に出ることが困難な方でもご家庭で安心して食事を取ることができるようになるものです。食べることに対して興味関心が薄れてきてしまうと、オイシイものを食べたいという考えがなくなり簡単に食事を済ませてしまうことが多くなります。そういうときは、すぐに用意できる食品を足して、たくさん食べられなくても栄養バランスのとれた食事をする事がとても大切です。食事をしたい気分ではないけれど食べなければならないとき、おかゆを食べただけで満足してはいないでしょうか。おかゆを作るとき、ごはんより多く水を使うので、そのエネルギーは、立とえごはんと同量だとしてもその半分にも満たないのです。もしもおかゆを食べるのの場合には、他にもいくつか栄養のある食材を食べることで、意識して十分でないエネルギーや栄養を補うようにしましょう。完成された料理をその通りペースト状にして出すことが病院では一般的で、美味しさもその見た目もあまり良いものではありませんでした。高齢の患者さんの食事が進まなかったのは噛めないのではなく、多くが見た目や味の悪さなので、家では完成品を丸ごとミキサーにかける食事は造らないと決意しました。病院で摂食嚥下障害看護認定の看護師さんに退院後の介護食の助言をもとめたら、柔らかいものの場合には何でも好きなものを食べても良いと言われました。三食を小分けにして冷凍庫で保存しておくと用意に時間がかからなくなります。最近、高齢者の間で注目されていますフレイル(虚弱)とは一体なんでしょうか。フレイルというのはつまり、体重減少、疲労感の強さ、筋力の低下などの特長が見受けられ、このまま悪化してしまうと要介護の状態になってしまう状況が近い将来訪れる可能性が高いことをいいます。このフレイルという状態から、筋力が衰えてしまう「サルコペニア」や、骨、関節そして筋肉などの衰えが原因となって歩くことや日常の生活を送る上で大変な問題を起こす「ロコモティブシンドローム」、最悪の場合起き上がることさえ困難な状態につながることが知られています。この「負の連鎖」の原因となるのが低栄養なのです。体力と抵抗力を保つためにエネルギーを、いつまでも体を不自由なく動かせるように意識して良質なタンパク質を摂ることをお奨めします。たとえば卵や豆腐は質のよいタンパク質が多くふくまれている食材なので、もし肉や魚を食べることが難しい方は、卵や豆腐でたんぱく質を摂って頂戴。卵や豆腐とはまた違って、肉や魚などの動物性たんぱく質にはアミノ酸、ビタミンそしてミネラルなどの栄養素がふくまれているため、毎日食べる食品の種類が多ければ多いほど、年齢を重ねても衰えることなく、長生きであるという調査報告もあります。高齢者のための施設での食事は栄養士が必要な栄養素を考慮したメニューを造り、それの通りに調理された料理を提供していますが、飲み込向ことや噛む力が特に低下している方の場合は、その状態に合わせて調理されたものものが必須です。老人ホームによっては、もとからなめらかになっている食事ではなく、食べ物の形がありますが舌で押しつぶせる「ソフト食」というものがあり、歯がない方や嚥下能力が低下した方でも、美味しく食べられる調理法を助言してくれる介護施設もあります。歳を取ることでみられる顔まわりの筋肉の衰えや歯がもろくなってしまうことにより、飲み込んだり噛んだりする力も衰えてきます。以前食べていたものを思ったように食べることが困難になり、飲み込むときに喉につかえてしまうことが多くなり、最悪の場合、誤って食べ物が気管に入ってしまったことで「誤嚥性肺炎」を引き起こすこともあり得ます。その他お年寄りにみられる特長として、若い頃よりも食欲がなくなるため、あまり困難なく食べられるものに絞って食べてしまいがちになり、食事量自体が減ってしまい栄養不足になっていることがあります。食べる側の食欲の有無は、介護食の見た目に関係します。どれだけ無理なく食べられるかにとらわれ過ぎて、食事本来の楽しみである見た目や味に魅力が感じられないと、食べたいという気持ちがなくなってしまうでしょう。無理なく口に運べるか、飲み込みやすいかなど安心して食事ができるように最大限の工夫がなされています。高齢者は唾液の分泌量が低下するため、口に含んだときに、口の中が乾いてしまうようなものは食べづらいです。逆に水分が多くても、むせ込みの原因にもなるので、口にしやすいものを使って、美味しく食べられるように加工します。介護食は食べやすい形にすることがとても大切ですが、また、介護する側も食事を用意する負担を減らすためにも、調理器具を使うことをお奨めします。一般的に介護食は柔らかく、噛みやすく、そして飲み込みやすいなめらかな状態です。フードプロセッサーを使えば、大量の水を必要とすることなく食材を刻み、ペーストなどのなめらかな形状にまで対応しているため調理するのが楽になります。また食べにくいものを潰すためにマッシャーやすり鉢を使うこともできます。さらになめらかにするときには、つぶつぶ感をなくすために裏ごし器を使うのも良いでしょう。加齢や病気・怪我などにより、固いものが食べづらい、水気の多いものが飲み込みづらいといった問題に直面します。介護用食品はいつまでも食事を楽しんで貰う為に、いかに食べやすいかを重要視した商品や、少量でも必要な栄養を摂取できる商品などがあります。ご自宅で介護食を作ることは、介護をする側にとってとても負担が大きいです。介護のための食品は、心休まる瞬間を作る手助けになったり、食べやすい料理をつくる手間も省けます。介護を受ける側も、手助けをする側も、どちらにまあまあ嬉しい介護食品を使わない手はないでしょう。お世話になってるサイト>>>>>介護食 献立