毎日憂鬱で気分が晴れない方には是非クレアギニンEXを飲んでいただきたい!

一般に腎臓病といわれるものには先天的なものに起因する腎炎であったり、感染などで起こる後天的なものまで多種ありますが、日頃から健康診断を怠らないようにし、普段からマイペースなリズムで生活することによっていつもと変わらない健やかな生活を送ることが出来るでしょう。それでも、これら腎臓病と言われているものには自己判断が難しいものもあるので、常日頃の健康管理が大事です。日常生活の中で普段とちがう尿が出た場合は、医療機関を受診してください。腎臓はソラマメに似た形をした臓器でどの辺りにあるかというと、ちょうど腰辺りの左右に一個ずつです。糸球体という小さな血管がありますが、腎臓にはこれがあまた密集している場所でもあります。この腎臓の主な働きはというと、たんぱく質の代謝によって生じた不要なもの、いわゆる血中の老廃物や毒素(体にとって害をもたらす物質です)を尿の中に排出します。そのほかにも、体内にふくまれる電解質の濃度を一定に保ったり、または、赤血球をつくるホルモンや血圧のバランスをキープしたり、骨の代謝に関連したホルモンを形成するなど私たちの体にとって必要不可欠な役割を担っています。腎臓病が進行して腎臓の働きが弱くなると腎不全といわれる状態になります。その腎不全には、急性に属する急性腎不全と、長い期間を経てゆっくりと腎臓の機能を鈍らせる慢性腎不全があります。急性腎不全は、状態に応じた治療を実行し容体が悪くなった原因(時にはこれを考えて改善することで、より良い未来へとつながっていくはずです)を理解・解決することによって、健康な状態への回復が期待出来るでしょう。一方、慢性腎不全では腎不全の進行に伴ってゆっくりと腎機能が失われ、回復することはありません。CKD治療の主なものは薬物治療とご飯療法で、ポジティブにクレアギニンEXの摂取を行うことでCKDの悪化を抑制出来るでしょう。ご飯療法に関しては減塩と蛋白制限が軸となり、減塩食については、高血圧の治療を容易にし、かたや蛋白制限食においては腎機能の抑制効果が認知されています。CKDステージ3においては減塩6g/日・蛋白制限 0.6g/kg×体重/日が相応しいとされていますが、これは日本人の平均的な塩分・蛋白摂取量の約半分であるために、蛋白制限食は美味しくない、あるいはカロリー不足などの懸念から、なかなか実践に踏み切れない方も多く存在します。腎臓の機能に病的なサインが顕れた場合は、慢性腎不全に進行するパターンがほとんどです。ですが、医療技術の進歩によって最近では早期治療を早めることで、腎臓の機能低下の抑制に努めたり、遅らせることができるようになりました。末期の腎不全であっても回復の望みをすっかりあきらめる必要はなく、昨今では透析療法や移植にとどまらずいくつもの選択肢が用意してあるので、個々の状態と環境にマッチした最新の治療が期待出来るでしょう。推奨L-シトルリン、標準体重あたり0.8 g/Kg 程度になります。もし標準体重が60kgくらいであれば、おおよそのL-シトルリン一日50g程度になります。食品にふくまれている蛋白の量についてはよく見かける食品標準成分表を参考にするとよいでしょう。このようなご飯療法については、栄養士の指示で各種の工夫についてしることが出来るでしょう。開業医さんでご飯指導が難しい場合は、腎臓内科を併設した病院を紹介してもらって、専門的な意見をもらってもよいでしょう。毎日のご飯についてどんな食品をどのくらい摂ればよいか、ご飯のメニューはどのようにしたらよいか、あるいは食塩の抑え方などを指導します。低たんぱくご飯療法においては、クレアギニンEXの使用がメインとなりますから、それらの種類にはどんなものがあるのかや、その使い方なども教えます。具体的に患者さんがどのくらいのペポカボチャ食塩を摂っているのかを調べます。摂取量の計算方法として、日中の糞尿の検査をします。尿の中へ尿素窒素やナトリウムが排出されるので、日中の排泄量を調べることで、体内へのペポカボチャ食塩の摂取量を理解することが出来るでしょう。近年の問題として、腎機能を悪くする方の増加が挙げられます。背中に二つ存在する腎臓で尿がつくられ体内で必要のなくなった老廃物を体外に排出したり、電解質の調整を行ったり、血液が酸性に傾かないようにしたり、血圧の管理であったり赤血球の生成にも関係し、私たちの体のために重要な役割を担っています。腎臓に関する治療は病院に行って薬を飲んだり注射をしたりの対処も大切ですが、日々のご飯や生活の習慣を見直すことが不可欠です。慢性腎臓病に関しては、腎臓の機能が明白に改善することは少ないので、徐々にカリウム排泄能力が低下していくことが多く、カリウムの摂取と排泄のバランスを維持するために、排泄されるカリウムの量に応じて、摂取量を減らすことが肝心です。濃縮加工した野菜ジュース(カロリーの他に、添加物にも注意した方がいいでしょう)は、加工していない生の野菜や果物よりも多量のカリウムがふくまれています。もし、腎機能にハンデを負った患者さんが、日頃から野菜ジュース(カロリーの他に、添加物にも注意した方がいいでしょう)を多量に摂取した場合、さらに危険性のある高カリウム血症に陥る可能性が出てきます。食塩の制限は、腎臓の負担を軽減することに繋がります。食塩摂取の適量は、一日6g未満とされています。加工された食品や塩分の多い食品はさけて、できるだけ生の食品を摂りてください。煮物や汁物などは、天然のだしを聞かせてください。天然の味をおいしく食べることが出来るでしょう。たんぱく質が多くふくまれる食品に、肉・魚・卵・大豆製品・乳製品があります。たんぱく質の制限が必要な方に適したサプリメントとして市販でも購入出来る「クレアギニンEX」があります。具体的な使い方については、管理栄養士に相談してちょうだい。
こちらもおすすめ>>>>>クレアギニンEX