食事制限の趣旨は腎臓病の症状進行を食い止める事です

慢性腎臓病を発症した方の行なう食事療法・食事制限の趣意は、慢性腎臓病の症状進行を食い止める事と、良好な体調の存続です。人工透析導入前の保存期の方ならば、食事療法・食事制限をもとに腎不全への進行を遅らせることができ、結果として人工透析の導入時期を遅らせられます。この他、人工透析を要する状況となっても、なるべく体調を崩さずに人工透析に望むために、食事療法・食事制限は重要視されます。肉や魚その他卵や豆腐はすごくな量のたんぱく質があり、ついつい食べ過ぎてしまう食品でもあるため気をつけるようにしましょう。甘いものには意外に数多くのたんぱく質がふくまれているのです。おやつは小豆や牛乳・卵を活用して作られているので、エネルギー補うためとは言え口にし過ぎれば、余分なたんぱく質を摂取する事となります。例えるなら、ショートケーキ1個には卵1個相当のたんぱく質が内包されています。慢性腎臓病を患っていても食事療法・食事制限が的確ならば、体内に邪魔な老廃物や毒素がたまらなくなります。老廃物が排出される事で尿毒症にならず、慢性腎臓病の進行具合を遅くする事が可能になります。沿うとう上手くいった場合、慢性腎臓病の進行が止まったと言っていい程遅らせられたりするのです。食事療法・食事制限が難しいと言いますが、これは病理制限の内容が難しいと言うことではありません。食事療法・食事制限は、患者(病気に感謝できるようになると、克服できるとよくいわれます)が自ら意欲的に取り組める最善の手法になります。人間の体にとって重要な3大栄養素に糖質・たんぱく質・脂質があります。体内で燃焼し尽くせば糖質とたんぱく質は水と二酸化炭素へと移り変わるので、腎臓や肺に蓄積しにくいのですが、たんぱく質の場合分離されれば7~8割は窒素を有した老廃物となる為、排泄時に少なからず腎臓に負担が出ます。そのため、たんぱく質の制限が重要となります。体の機能を保つ上で最低限のたんぱく質の量は体重1kg毎に0.6g/日要し、一日換算で約30g~40gです。慢性腎臓病では 糸球体がおかされるために普段通りに血液が通わなくなり、ナトリウムや水分が体外へ排出しづらくなります。同時に尿中に出されるはずの老廃物が、体内に居座り続けるようになります。その結果 窒素が血液中に増えて、尿毒症の元凶となったり、ナトリウム量の増加で高血圧を招く畏れがあります。なのできちんと食事療法・食事制限を手掛けて、塩分・水分・蛋白質・エネルギーに関して特定量体内へと送り続ける重要があるのです。日々の食事で得たたんぱく質は、体を動かすためのエネルギーへと変化しますが、幾らかは老廃物になり血液中に留まります。血液は腎臓の内部で分離され、無駄な老廃物は尿を出す際に一緒に排出されます。たんぱく質を摂れば摂るほど、老廃物が増える事になる為、腎臓への負担が増えてしまいます。正常な腎機能であるために、日頃からたんぱく質の摂取量には目を配る重要があります。けれど、たんぱく質は人体を動かす重大なエネルギー源となる為、一定値は摂取しないといけません。浮腫が目立ったり尿量があまりにも少ない場合は、塩分に加えて水分の調整も重要になります。こうした際の病理制限は、飲料水に限らず、食品にふくまれる水分量も含めます。浮腫がなかったり軽い場合は塩分の病理制限のみで済みます。水分量の制限については病状や尿量等総合的に踏まえて医師が適切な数値を出します。脱水になればそれだけ腎臓機能の低下を早めるので自身のみの判断で制限を行なうのは宜しくありません。カリウムは水に浸す事で流出するため野菜・芋類を具材として使うのならば、小さめに切って茹でこぼし又は水さらしを施してから調理をおこないましょう。茹でる事で無くせるカリウムの値は、使用する食品の種類や調理の際の水分量・形状・所要時間によって変化が見られます。一般的にはほうれん草等の葉物野菜だと45%、いんげんなどの豆類で30%程カットできます。小さめのサイズに切る、茹でた後はしっかり水を切る、加えて搾る作業を行なう事で、カリウムは減らしていけます。腎臓病と格闘する方に有用な、たんぱく質を抑えられる特殊食品が販売されています。こう言った食品を適切に摂り入れる事で、そのままでは難しい食事病理制限がおこないやすくなります。腎臓の機能が落ちていく程、より厳しく食事を徹底しないとなりません。また、糖尿病の患者(病気に感謝できるようになると、克服できるとよくいわれます)さんは血糖管理のため、エネルギー制限が加わります。自己の判断で適当に献立を決めずに、医師や管理栄養士の指導をうけて決めるようにしましょう。クレアチニンと言うのは筋肉内にある物質をもとに作られる老廃物であり、腎臓内で分解された末尿と一緒に体外へ出されます。クレアチニンの量は、筋肉や運動量で変わってきます。なので、通常男性の方が高めの数値になっています。筋肉量が落ちてくると、合わせてクレアチニンの数量も減るワケです。加えて、妊娠状態にある際は、尿と合わせて排出するクレアチニンの量が高まるため、普段よりクレアチニンの値は減少します。
PRサイト:腎臓病食宅配口コミ